泉丘高校の合格基準偏差値

こんにちは。
泉丘・金大附属高校合格塾の夢盟塾高畠校です。

前回に続き、また何やら数値にまつわるお話になります。

先日行われた第3回石川県総合模試(北國新聞文化センター)での、金沢泉丘高校普通科の合格基準偏差値は、

66.0

になっています。

石川県総合模試における合格基準偏差値というのは、その偏差値であれば

80%の合格率

ということを意味しています。

さて、この偏差値66.0なのですが、どのくらいの成績なのでしょう。

既にご存知とは思いますが、偏差値というのは、大雑把に言って、そのテストでの全体に対する自分の位置を表しています。

それでは、偏差値66.0は、どの位置にいることになるのでしょうか。

その答は、上位から

約5.5%

の位置。

35人生徒がいるクラスだと、2位の成績ということになりますね。

あくまで目安ではありますが、クラスで1番か2番なら、泉丘高校にかなりの確率で合格できることになります。

この位置(成績あるいはテスト結果)をどのように考えるかは、人それぞれだと思いますが、やはりトップを目指して勉強しないといけないってことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です