自分で作れない公式を使うのはお勧めしません

こんにちは。
泉丘・金大附属高校合格塾の夢盟塾高畠校です。

夢盟塾の考え方の柱について、小島塾長がブログの記事

「正直でいろ 真っ直ぐであれ」

で書いていらっしゃいますので、是非、読んでくださいね。

今日は、それと少し関連しての話です。

上の記事の中に「愚直」という言葉が出てきます。
今から書くことは、その「愚直」という言葉にあてはまるのかどうかは少し微妙なところですが、手抜きをしないという意味においては、小島塾長の記事に関連するかと思います。

何年か前になるかと思いますが、ある教室の中学3年生から、
「先生、この問題を解くための裏技的な公式ってないですか?」
と聞かれました。

それは、座標平面上の三角形の面積を求めるもの。

裏技的とまでは言えないのですが、もちろん、公式はあります。

しかし、私は

「そんなもの、ない。知らない。」

と答えました。

その生徒の質問が、

「こんな風に計算したのですが、別の方法ありますか?」

という聞き方、質問の仕方だったら、すぐに教えていたことでしょう。

だって、中学3年生なら、普通に「真っ直ぐに」計算すれば、面積、出せるのだから。

それをしないで、簡単で、考えなくてもよい方法を選択しようとしたから、

「ない。知らない。」

と答えたのです。

その公式には段階があって、時には中学生が使わない記号の説明もした上で教えることもあります。

その場合は、自分で作れる公式ではなくなってしまいますが、中学生が正攻法で求めた値を検証するのに使ってもいいと思っています。

本来、教科書に出てくる公式は、自分で導きだせるもの。

もちろん、毎回、公式を導き出して使っていたのでは、時間のロスですから、覚えておくに越したことはないです。

しかし、訳もわからず、公式を振り回すのは、危険ですね。

使えない場合にも使ってしまう人が、たまにいますしね。

なにも、公式を使わず、いわゆるゴリゴリの計算、力ずくの計算をしろと言っているわけではないのです。

むしろ、力ずくの計算は、最後の手段。

手抜きの公式を訳もわからず覚えるのではなく、力ずくの計算をしないで済むよう、考えに考えて欲しいのです。

考えることに手抜きをするな、ということです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です